満足な離婚とは

夫婦2人で歩んでいく未来を描き、共に老いても仲良く幸せに暮らすことを夢見て結婚。最初は些細なことから2人の心はすれ違い、離婚に至る頃には、相手のどんな小さな行動も勘に障りどんどん関係が悪化。結婚するほど好きだった相手が、同じ空気を吸う事さえ嫌になってしまう。

今日本では、年間約66万組が夫婦となり、約23万組の夫婦が離婚しています。
最も離婚する年代は男性が30〜40歳、女性が25〜35歳が最も多く、子供のてが少し離れて、女性が働きに出られるようになった頃や、家庭に安定が生まれた頃離婚数が年代的に増加しているのではないかと考えられます。
2分に1組の夫婦が離婚を選ぶ時代。しかし、いつの世も離婚は辛い道のり。厳しい現実が立ちはだかり、離婚に至ることがゴールだと考えてしまいがちですが、現実はそこからがスタートなのです。

シングルマザー、シングルファザーになるという事。

子供がいて離婚を決断することは、大変勇気のいることです。これはシングルマザーシングルファザーどちらにも言えることです。

女性は離婚を考えるにあたり、男性と違って仕事や家探しからしなくてはならず、離婚には準備期間が必要。と考えている人は多く、シングルファザーの抱える問題は、あまり日の目を見ることはありません。
シングルファザーはシングルファザーで、離婚に至るまでのライフサイクルから、子供を育てながら働くライフサイクルに変えなくてはいけないので、下手をすれば今までの仕事では対応できず、転職をしなくてはいけなくなることもあります。

このサイトでは、離婚を考える男性も女性も充実した離婚後ライフを送るために役立つ情報を紹介していこうと考えています。







コンテンツ