子供がいる場合の離婚

離婚は夫婦だけで生活している場合はとてもスムーズに離婚できる場合も多いです。
借金などがなければ財産分与もお互い納得の上で解決できるようなこともあるでしょう。
ですが、揉め事になるのは子供がいる場合。子供の親権はもちろん、子供の養育費についても話し合わなければいけないので、お互いもう離れたくて仕方なくても、必要な話し合いが済むまで離れられないことがほとんどです。子供の食事や生活、
学校のことも考えて、たいていの場合は母親が親権を勝ち取る場合も多いですが、その時に心配になるのが養育費です。
きちんと養育費の支払いをしてくれる父親であればいいですが、話し合いをしても養育費が未払いになってしまうというケースは少なくありません。
ですから、感情や行きあたりばったりで離婚するのではなく、ある程度の預金をしたうえで離婚すること、養育費などについて公正証書にしておくことが大切です。
また、子供の戸籍は実際にその場にならなければ気付かなかった。という人も少なくありません。
子供の戸籍は、離婚当事者が実家の籍に戻るのとは少し形式が変わります。必要な書類もありますので、事前に調べておくこと、どうするか考えておくことが必要です。
母子家庭の場合は市からもいろいろな援助がうけられることも多いですが、実家暮らしで祖父母と同居などになると母子手当てがうけられないケースもあります。離婚後どういった生活をしていったら一番お得なのかも調べておくことが大切です。
何かとお金がかかるのが離婚ですから、お金の事もきちんと考え、居住地域の母子家庭に対する対応状況などを確認のうえ、離婚話はすすめましょう。