離婚して初めて守るものが分かった。

息子が3歳の時に私は離婚しました。
実は、出産前から悩んでいたのですが、実家の母親から今は子供が生まれることだけを考えなさいと言われ、出産することにしました。
離婚したいと考えるようになったのは、彼の多額の借金発覚の上に、彼の母親も兄弟もみんな借金がありました。
すでにお腹の中には子供がいたのでかなり悩みました。
父親はすでに他界していたのですが、母親の買い物の支払が彼になっていたので問いただしてみると、
彼名義のカードで娘二人と自分の着物を400万円で購入した支払いだったんです。
私は、自分の親に泣きついてせめて実家に住まわせてもらえるように頼みました。理由をすべて話すと両親は、
私達夫婦と生まれてくる孫も一緒に実家に住まわせてもらいながら
彼の借金を返済していくようにと言ってくれて生活費もわずかばかりでいいからと協力してくれました。
しかし、彼は借金ばかりでなく嘘もよくつく人でした。
車の免許がとっくに取り消しになっているのに、無断で友達の車を運転して捕まって、実家に警察から確認の電話がかかって来たのに
彼は、平然と自分の名前を勝手に使われたと私の両親に嘘をつきました。
私は、彼が嘘をついているのを見破って問い詰めたところ、白状しました。
しかし、彼の口から出た言葉は自分と一緒に芝居を打とうといって来ました。
この時です。私が離婚を決断したのは。こんなに世話になっている自分の両親を私にも騙せと言うなんて
絶対に許せませんでした。
私は、とにかく自分でもいくらかの収入がなければと考えて、新聞配達を始めました。
月5万円です。もちろん、彼との離婚準備の為です。
子供が保育園に入れたので、新聞配達と夜のファミリーレストランのウエイトレスをしました。
夜の方が時給がよかったからです。私の行動を見て両親も理解してくれて、離婚を承諾してくれました。
いざ、離婚の話し合いで彼の借金は私には関係なかったので、養育費を月5万円支払うと念書を書かせましたが、
結局半年も払ってもらえなかったので2度と子供にも会わせないと約束の上で養育費はこちらから断りました。
後から聞いたのですが、きちんと家庭裁判所などに相談すれば彼の給料を差し押さえるくらい出来るとのことでした。
やはり、子供が居ての離婚は金銭面をしっかり話し合ってそれを文章に残しておかないといけないと思います。
私も念書がありましたけど、上手く活用できないまま損をしてしまいました。
でも、私は離婚して後悔はしていません。確かに子供には寂しい思いを後々させてしまうかもしれませんが、
自分がしっかり子供の為に働いて頑張っている姿を見せてあげれば乗り切れると思います。
昔に比べてシングルマザーは珍しくありません。
子供の保育園で仲良くなったママが自分と同じ境遇だったら、お互いに励ましあえることだってできるし、
子供同士だってたくましく育っていきます。
だから、自分が決めたことに決して後悔をしないことと、一人じゃないということを心に強く持つことだと思います。